2015/06/26

新しい時代の女性を輝かせるジュエリー〈シャネル〉

01_Chanel.jpg1883年、フランスのオーヴェルニュ地方に生まれたガブリエル シャネル。後にココ シャネルと呼ばれ、マドモアゼルの愛称で親しまれた彼女は、1910年、パリのカンボン通りに帽子の店を作ります。1913年には洋服のデザインに着手。ジャージー素材を取り入れた服で注目を集めるようになります。時代はちょうど、女性が社会に進出し始めた頃。窮屈なコルセットを使用せず、シンプルで機能的なマドモアゼル シャネルのデザインは、女性をさまざまな制約から解放し、20世紀、そして現在へと続くファッションの基本となっています。     150615_je_ch_01.jpg

© Lipnitzki / Roger-Viollet


そんなマドモアゼル シャネルはジュエリーにおいても、自らの精神と新しいスタイルをデザインに込めました。1932年、パリ。フォーブル サントノーレ29番地のマドモアゼル シャネルの邸宅にて発表された初のファインジュエリーのコレクションにて、このような言葉を残しています。
「私がダイヤモンドを選んだのは、その密度から、最小のボリュームで最大の価値が表現できるから。そして私は、輝くものには目がない自分自身のセンスを生かし、エレガンスとモードを兼ねそなえたジュエリーを作りたかったのです」

この記事は全3ページです。

あわせて読みたい


「家庭画報」本誌

家庭画報イメージ

家庭画報
2017年04月号



食 Restaurant&Food 食の記事をジャンル×場所で探す

一休コラボ
家庭画報の旅
村田さん連載

家庭画報編集長 秋山和輝 on Twitter

プレゼント当選者発表
  
食の学校
  
家庭画報アカデミー
  
セブンアカデミー