2017/04/11

今月の筋書は、大野逸男氏による桜の絵。歌舞伎座 四月大歌舞伎「奴道成寺」へ

■Bettyokoのきもの日記 第26回
歌舞伎座 四月大歌舞伎 夜の部「奴道成寺」 


歌舞伎座で公演中の「四月大歌舞伎」、初日に観劇してきました。

170407_km_01.jpg 夜の部は中村吉右衛門さん、尾上菊之助さんが言葉の不自由な絵師とその妻の悲哀と奇跡を演じる「傾城反魂香 土佐将監閑居の場」、坂田藤十郎さん演じる帯屋の長右衛門と、中村壱太郎さん演じる十四歳の隣家の娘の道ならぬ恋を描いた「桂川連理柵 帯屋」に続いてトリを飾るのは、「奴道成寺」です。

170407_km_02.jpg 道成寺で鐘の供養があると聞いてやってきたという白拍子花子がさまざまな娘の姿を綴り、最後に蛇体と化して本性をあらわすいわゆる「道成寺もの」は、人気の歌舞伎舞踊演目。 今回は、踊りに定評のある市川猿之助さんが、家に伝わる「三代猿之助四十八撰の内」の「奴道成寺」を踊るとあって、期待が高まります。

この記事は全4ページです。

あわせて読みたい


ドンペリニヨン
今森光彦傘
ホテル企画
フィギュア愛
星野リゾート

「家庭画報」本誌

家庭画報イメージ

家庭画報
2017年07月号



食 Restaurant&Food 食の記事をジャンル×場所で探す

マイクロコンテンツ
家庭画報の旅
村田さん連載
家庭画報の贈りもの

家庭画報編集長 秋山和輝 on Twitter

プレゼント当選者発表
  
食の学校
  
家庭画報アカデミー
  
セブンアカデミー