• トップ > 
  • きもの > 
  • きもののお店 > 
  • 手持ちの活用からノーベル賞まで 対応力随一の天文台のある呉服店〈富山・きものブティックあおき〉

2017/03/01

手持ちの活用からノーベル賞まで 対応力随一の天文台のある呉服店〈富山・きものブティックあおき〉

170220_km_title.jpg 手持ちの活用からノーベル賞まで 対応力随一の天文台のある呉服店
〈富山・きものブティックあおき〉


北陸に天文台のある呉服店があるとの噂は常々耳にし、満を持しての訪問。女将の青木りえ子さんにご挨拶すると、どこかでお会いしたような…。

そうでした! 
梶田隆章教授がノーベル物理学賞を受賞したときに、奥さまのきものを手がけたのがこのお店。テレビで拝見していた女将さんです。せっかくなので、梶田教授夫人の美智子さんも一緒にご登場いただいての撮影となりました。

170222_km_01.jpg 左が女将の青木りえ子さん。右の本疋田のきものが梶田美智子さん。

きものが大好き、毎日着ていたいというりえ子さんは、作り手の熱い思いを伝えたいと全国の産地を回ってオリジナルDVDを作製しています。グランドピアノがあるサロンはお洒落なカフェのようにお客さまが気軽に訪れ、みんなできものを着て楽しみましょうというウェルカムムードでいっぱい。 手持ちきものの活用法や小物合わせなど、きもの談議に花が咲きます。

170222_km_06.jpg

この記事は全3ページです。

あわせて読みたい


「家庭画報」本誌

家庭画報イメージ

家庭画報
2017年04月号



食 Restaurant&Food 食の記事をジャンル×場所で探す

一休コラボ
家庭画報の旅
村田さん連載

家庭画報編集長 秋山和輝 on Twitter

プレゼント当選者発表
  
食の学校
  
家庭画報アカデミー
  
セブンアカデミー